ブログ

$logo_alt
2016年08月23日

飲み過ぎで落ちる勃起力 アルコールと性の関係とは

博多中洲の便利なクリニック 男の夜間診療所です。 当院のブログをご覧頂きありがとうございます。     本日のテーマは『お酒と性機能』。 身近にあって人付き合いには欠かせないお酒と 男性機能や性欲との関係についてお話したいと思います。 さて、先ほども書きましたように、お酒は時に人付き合いに欠かせないものとなります。 適量であれば美味しく、気分を盛り上げてくれるお酒ですが、 飲み過ぎると男性機能に悪影響を及ぼすのをご存知ですか?     端的に言うと、“飲み過ぎは一時的な勃起不全を引き起こす”のです! 今回はこのメカニズムについてご説明したいと思います。 男性器が勃起するためにはいくつかの過程を経る必要があります。   1.性的刺激を受ける 眼や耳、触覚など五感を通して刺激を受け、大脳の前頭葉が興奮します。   2.興奮が下半身の勃起神経へ伝わる 副交感神経を通じて陰茎の神経へと興奮が伝わります。   3.陰茎の海綿体の血流が良くなる 一酸化窒素が分泌され、海綿平滑筋を刺激。cGMPという伝達物質が増え、 海綿平滑筋が弛緩し、血液が流れこむ。   4.静脈が塞がり勃起が維持される 海綿体白膜が陰茎の静脈を閉鎖し、血液を逃がさない状態にして勃起が維持される。 …男性器の勃起は以上のようなプロセスを経て行われます。     逆に言うと、これらのいずれかに問題が生じると正常な勃起が起きにくくなるのです。 例えば、興奮はしていても神経の異常で興奮がうまく伝達されないと勃起は不完全になるでしょう。 また、血管系の疾病や糖尿病の影響などで血管がうまく作動しないと、血流をうまく集めることもできません。     お酒の場合は、過度のアルコールが正常な神経伝達を抑制することで、刺激が陰茎に伝わりにくくなります。 つまり、お酒で気分が盛り上がって興奮はしているのに、神経の働きが鈍ってうまく陰茎が刺激されない状態になるのです。 また、血流が良くなりすぎるのも、陰茎に流れこんだ血液が逃げて良くないと言われます。     アルコールは適量であれば気分をリラックスさせ、性衝動に対しより開放的にする作用があります。 性行為に自信のない方であれば、うまく使えばお酒は頼もしい道具となるでしょう。 カップルで適量をたしなめば、二人の関係をより良いものにできるかもしれません。     しかし飲み過ぎてしまうと、リラックス効果以上に神経機能の抑制が働き、うまくいかなくなるかもしれない… そのことは覚えておくと良いかもしれませんね。 適量のお酒で開放的に! ただし飲み過ぎにはご注意を。 以上、悪酔い・二日酔いのご相談もできる男の夜間診療所でした!     男の夜間診療所 住所 〒810-0801…

$logo_alt
2016年08月20日

アンチエイジング 健康長寿のために重要なことは?

慶應義塾大学で100歳の方(センテナリアン)302名を対象に、病歴(今までにかかった病気の経歴)を調査したところ、最も多い疾患は高血圧で、次いで白内障、骨折、心疾患が続き、最も少なかったのが糖尿病(6%)であった、という結果が出ています。   この研究結果から「センテナリアンは全く病気をしていない、完全な健康体」ではなく「極端な肥満や痩せが少ない方々である」という事が読み取ることが出来ます。   70代以上の糖尿病の罹患率が20%であるという事を考えるとセンテナリアンの糖尿病罹患率6%程度というのは非常に低い数値であるといえます。   この研究結果は健康寿命を長くする秘訣は糖化ストレス管理が重要であることを示していると考えられます。   糖尿病の95%を占める2型糖尿病の主な原因は「ストレス」や「運動不足」など。そして最も大きな原因は「肥満」です。 当院では医師の視点からダイエットをお手伝いする「メディカルダイエット」を実施しております。最近、肥満や運動不足、血糖値が気になるという方は是非一度、博多区中洲で夜間に診療を行っております“男の夜間診療所”へご相談ください。     男の夜間診療所 住所 〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲5-3-21 ストリアナカス4F TEL 092-272-1777 MAIL info@fukuoka-medical.com 営業時間 17:00〜24:00 定休日 年中無休 facebookページはこちら http://bit.ly/1UWINTZ

$logo_alt
2016年08月18日

福岡市博多区中洲の病院『男の夜間診療所』、オススメのシャンプー

こんにちは!! 今日は今流行りのシャンプーをご紹介致します!   その名もニナゾールシャンプーです!!     名前がちょっと怪しいと思いますがこれらのシャンプー凄いんです!! 内容成分に『ケトコナゾール』が配合されているんです と一言で言ってもわからないと思うので簡単に説明すると… ニナゾールシャンプーは脂漏性皮膚炎やふけ、かゆみに効果的なシャンプーで、 頭皮の環境を整え脱毛、薄毛を防ぎ、近年の研究によって男性型脱毛症(AGA)の治療にも有効なことが分かってきております。 頭皮の、皮脂の分泌が多いとふけや湿疹ができます。この症状が脂漏性皮膚炎であり、脱毛の原因となり薄毛を促進させます。 他には水虫やカンジタ症の治療薬としても使われてきました。 ニナゾールシャンプーはカビを殺菌する作用がありを髪の毛を健やかに保ってくれます。 副作用も少なく、少しヒリヒリしたり赤くなったりする場合がある程度です。     医薬品ですので、市販の育毛剤の効果に満足できない方は一度お試しください。     お値段は約1か月分で4000円となっております。     是非興味がある方は、福岡市博多区中洲にあるクリニック男の夜間診療所にご相談ください。 ——-お知らせ——- 9月より診療時間の変更をお知らせします。 受付時間17~23時 診療時間17~24時(23~24時は完全予約制) ご予約は当院ホームページか電話からお問い合わせください。 男の夜間診療所 住所 〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲5-3-21 ストリアナカス4F TEL 092-272-1777 MAIL info@fukuoka-medical.com 営業時間 17:00〜24:00 定休日 年中無休 facebookページはこちら http://bit.ly/1UWINTZ

$logo_alt
2016年08月13日

ED治療薬で早漏は改善する?

本日は、福岡市博多区をはじめ、南区、城南区、早良区などから来院された患者さまからよくご質問いただく「ED治療薬で早漏は改善するのか?」についてお答えしたいと思います。 厳密にはED治療薬は正常な勃起をサポートする薬剤であり、早漏を改善する効果はありません。しかし、EDになる前はどうもなかったのにEDを契機に早漏を合併するケースではED治療薬による早漏の改善が見られることがあります。   早漏とEDが合併していることは多く認められていて、EDの患者さまの1/3は早漏を合併しているとも言われています。   EDを契機に早漏の症状が現れてしまうのはなぜか? EDを認める方の多くに「勃起を長く維持することが出来ない」「勃起を維持するために強い刺激が必要」などの症状が現れます。 途中で萎えてしまう、射精までたどり着くことが出来ない、といった心理的な焦りから強く刺激してしまい、その強い刺激により射精までの時間が短くなってしまいます。   ED治療薬は早漏も改善するのか? このような「EDが原因となる早漏の症状」はEDが改善すると同時に良くなる場合が多くあります。これは、ED治療薬の効果により勃起の維持が容易になることで心理的な余裕が生まれ、過度の刺激を必要としなくなるためです。 冒頭にも申し上げた通り、ED治療薬に直接の早漏治療効果は謳われていませんがEDの治療と共に早漏が良くなったとの声を患者さまからいただくことも多くございます。 また、当院ではEDのだけでなく早漏治療薬「ダポキセチン」による早漏治療も行っております。様々な男性のお悩みに対応いたしておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。     男の夜間診療所 住所 〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲5-3-21 ストリアナカス4F TEL 092-272-1777 MAIL info@fukuoka-medical.com 営業時間 17:00〜24:00 定休日 年中無休 facebookページはこちら http://bit.ly/1UWINTZ

$logo_alt
2016年08月03日

タダラフィルによるアンチエイジング

先日、大野城市からお越しいただいた患者さまからシアリスに若さを保つ効果があるって本当ですか?とご質問いただきました。本日はシアリス(成分名:タダラフィル)の持つアンチエイジング効果について紹介いたします。 ED治療薬が持つアンチエイジング効果 タダラフィルは効果が長時間つづくタイプのED治療薬ですが、その他にも身体に様々な影響を及ぼすという事が最近知られ始めています。 タダラフィルはcGMPという、天然の“血管拡張剤”を分解する、PDE5という酵素の働きを阻害することで勃起を補助する薬剤ですが、その効果は陰茎だけではなく全身の血管にも作用します。そのため、毎日服用することで血管の老化や循環器系の疾患リスクを下げることが出来るのではないかと、最近の研究結果では示唆されています。 持続的なED改善・若返り効果が期待できる? 上記のような作用から、血管のNO(一酸化窒素)の産生能力(血管の若さ・弾力を保つ能力)の向上や抗酸化作用によるテストステロンの上昇などから、継続して服用することで、その場限りの効果ではなく持続的なEDの改善も期待できるのではないか、と考察されています。 前立腺肥大に使用する低用量タダラフィル(ザルティア)は毎日の服用で動脈硬化の予防にも効果が期待できますので、既往のある中高年の方は服用されることをおすすめします。     男の夜間診療所 住所 〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲5-3-21 ストリアナカス4F TEL 092-272-1777 MAIL info@fukuoka-medical.com 営業時間 17:00〜24:00 定休日 年中無休 facebookページはこちら http://bit.ly/1UWINTZ